ウケの良かった記事

さて、ここではウケの良かった記事を紹介していきます。


これさえ読めば僕が大体わかるよ。



1.東大のテニサーの話


適当に書いたのでまさかこんなにヒットすると思いませんでした。


そのまんま、僕の所属してた東大のテニサーの内情を明かしています。



2.東大のテニサーの話〜六大サークル編〜(セレクションのあるサークルの話ね)


さっきの記事の詳細版です。


セレクションのある、いわゆる東大の六大テニサーの話です。


これから東大生になる人は必見です。


というのも、六大サークルって4月の頭までにセレクションを受けないと入れないサークルなので。


結構詳しく書いたと思うので、なかなか参考になると思います。


自分で行って、一番合うと思ったサークルに行くのが正解です。


大丈夫、ダメだったら別のサークルを探せばいいだけ。





3.東大のテニサーの話 ~銀杏系サークル編~ (セレクションがなくて誰でも入れるサークルの話ね)


東大のテニサーの話、詳細編パート2です。


銀杏系の素晴らしさについて書いてます。


セレクションが無く、誰でも入れるテニサー。


それゆえになぜか六大の拗らせてしまった人たちから「銀杏系とかwww」みたいなバカにされ方をするんですが


個人的には銀杏系入ったことがかなり大学生活を良くしたなあ、と思うので、サークル選びに悩んでる人は必読です。


あと、実際「飲みのABCってどうなん?」とか、六大サークル入ってる人で「銀杏系がどんな感じか気になる!」って人にもオススメです。





4.働きたくなさすぎてカフェで隣にいた社会人4人に「社会に出る意味ってなんですか?」って聞いた話。


これはツイッターで60ファボをもらった、自分的ちょいバズり記事です。


働きたくねえなあ、とうんうん唸っていたらカフェで隣にいる人たちが働き方について語っていたので、そのお話に混ざってきた時の話です。


新卒は最強のカードらしいですが、最強って一体なんでしょう。


難しい話です。


僕の中での最強はやっぱりキング=ブラッドレイです。負けちゃったけどね。





読んで字のごとく、Facebookで突然申請してきた人に会いにいった話です。


1000円で15億円稼ぐ方法を教えてもらえるらしいです。


世の中にはうまい話があるもんだなあ。


6.「遊ばれた」と傷ついてしまう女の子にたった一つ伝えたいこと。


お友達で何人か「遊ばれた」って行って傷ついてしまう人がいたので、もしかしたら「遊ばれた」って行って苦しんでる人って結構多いんじゃないんかなあ、って思って作った記事です。


そんなんでいちいち傷つく必要ないんですよ、って記事です。


あまりにも優しすぎるんで自分が聖母なのかと思いました。



7.東大に落ちた!と思ったらやっておきたいこと5選 〜不合格通知が来る前に〜


僕も現役時代に受けたとき、東大に落ちて浪人することになりました。


試験から合格発表までのおよそ2週間。


受かった!と思った人以外は心が死にかけてる人も多いと思います。


そんな人がやっとくとオススメのことです。


結構手ごたえが悪かった人向けの記事ではあります。



8.サークルという集団におけるヒエラルキーについて。


サークルという集団を考えるときに、実は絶対に外せない考え方がその集団内におけるヒエラルキーについての問題です。


まず自身がどんな人間で、そのサークルにおいてどういった立場に立つことができるのか、ということを考える際の一助になると思います。


webnodeというブログサービスの中で、小規模な一位を取った時の小規模なお祝い記事です。


祝ってください。


って言ってもまあ結構前の話なんですけども。





ガンガン泣けます。


人と関わりあうってどういうことなのか。わかんないけど感じます、きっと。


年一あるかないかくらいの泣け具合です。