東大のテニサーの話

2018年02月04日

日が出ている間に起きている方がレアになってきました。働きたくない東大生です。


思ったよりもはるかに反響があったので、ちゃんとしたバージョンの記事も作ったので、よかったら見てね!


参考記事:東大のテニサーの話〜完全版〜(六大サークル+銀杏系サークル)

参考記事:東大のテニサーの話 〜六大サークル編〜(セレクションのあるサークルの話ね)

参考記事:東大のテニサーの話 ~銀杏系サークル編~ (セレクションがなくて誰でも入れるサークルの話ね)

参考記事:サークルという集団におけるヒエラルキーについて。




さて、今日はテニサーの試合だったんですね。いやあ、疲れた。


そう。東大にもテニサーがたくさんあります。



テニサー。それは、欲望の渦巻く場所。


テニサーに入る女子には二種類います。


テニスが好きな人と、男が好きな人です。


一方、テニサーに入る男子は必ず女が好きです。


これはもう100%です。


逆に女が好きじゃないのにテニサーに入ったとしたら大学生としてだいぶ間違えています。


僕はテニサーに3個入ってます。


かなり多い方です。


そこで、その入っているテニサー三つについて比較をしてみました。


サークル名が気になる人は連絡してね!




〜テニサーA〜


とにかく自由なサークル。


ここのサークルで怒られた経験がほとんどない。


テニスはやる人とやらない人で住み分けができてる。


ただ、自由すぎて何をやってるかよく分からないという面も。


いろんな人の話を聞いてると、ここより自由なサークルは存在しません。


最高です。


最高すぎます。


ただ一つ注意をしないといけないのは、自由すぎて問題を起こしてしまう人がいる点です。


時には捕まってしまう人もいます。


何事も自分で節度を持ってやりましょう。




〜テニサーB〜


真面目オブ真面目なサークル。


ここに入っている人はなぜテニサーを選んでしまったのだろうか。


しかし、そんなテニサーらしからぬ人が集まってしまったため、逆に一つの集団として尖がってしまった、そんなサークルです。


ここでは結構怒られます。


ていうか大体何やっても怒られるから何もしないのがオススメという説もあります。


厳しい。


厳しい。


大きいサークルなので、いろんな人がいます。


怒られたくない人にはオススメしません。


一方、将来日系企業に行きたい人はオススメだと思います。


なるほど。こういう人たちが日系企業で偉い人になってるのか!とわかります。


あと、宗教と言われていることも多いので、将来人を洗脳したり、教祖になったりすることをして見たい人にはオススメです。




〜テニサーC〜


AとBの間くらいのテニサーです。
















特に書くことがないので説明は終わります。






さて、この3つのサークルの性格を分けたのはなんだったのか、という点ですが、多分インカレ先で見た方がいいと思います。


そもそもインカレではないサークルでは、あまり自由はない気がします。あるのは規律と厳しさです。厳しい。


そして、インカレサークルでもインカレ先によって特色があります。


私立女子とのインカレは、結構自由です。


フリーダムです。スーパーフリー。



いやあ、本当に中身がない記事で自分でもびっくりなんですが、まあ今日は疲れたので自分に甘くします。おやすみ!


気が向いたら情報増やしていきます。







関連記事:東大のテニサーの話〜六大サークル編〜(セレクションのあるサークルの話ね)

関連記事:東大のテニサーの話 ~銀杏系サークル編~ (セレクションがなくて誰でも入れるサークルの話ね)

関連記事:東大のテニサーの話〜完全版〜(六大サークル+銀杏系サークル)

関連記事:サークルという集団におけるヒエラルキーについて。


ネタ・日常記事一覧


大学生活とか東大の話とか記事一覧


ウケの良かった記事


カテゴリ一覧



最近のブログ記事