東大のテニサーの話 ~銀杏系サークル編~ (セレクションがなくて誰でも入れるサークルの話ね)

2018年02月18日

最近家族から言われる言葉ランキングナンバー1は「お前は恥を知らないのか。」です。どうも。働きたくない東大生のトノイケです。


はい、ということで前回は6大テニサーについてまとめた記事を出し、多くの敵を作ることに成功しました。


参考記事:東大のテニサーの話 〜六大サークル編〜(セレクションのあるサークルの話ね)


あ、東大のテニサー記事の完全版も出たよ!

参考記事:東大のテニサーの話〜完全版〜(六大サークル+銀杏系サークル)


まあ仕方ないですね。生きてると基本的に敵は増える一方です。


ここまで生きてきて敵より味方の方が多かった時期は記憶にあんまりないですがまあそういうこともあります。


さて、前回の六大テニサーは、いわゆるセレクションのあるサークルです。


つまり、落ちたら入れません。





ということは、セレクションに落ちたらテニサーに入れないの...?





僕は、テニサーに入るために東大に入ったのに!






という人も出てきてしまうかもしれません。







テニサーに入るために東大に入ったとしたら、さすがに夢見る陰キャラか大学のイメージが間違ったまま受験してしまった哀れな子ですが、まあそれは置いておきましょう。








そう。東大には、六大サークルのセレクションに落ちた人でも入れるテニサーがあります。


それが、銀杏系と呼ばれるサークルです。


ちなみに、銀杏系は六大サークルに入っている人も入ることができます。


というか、六大サークルに入っている人にはむしろ来て欲しいんじゃないか、という感じさえします。


まあ、六大サークル入ってる人が入ろうとしすぎてもかえって混乱するだろうから一概には言えませんが。


ちなみに銀杏系には、面白い人と優しい人とマジでどうにもならないくらいつまらない人の三種類の人がいます。


そう、これは不思議な話ですが、面白すぎてネジが飛んでいってしまったような人は、六大サークルのセレクションには受かりません。落ちます。


なぜなら、秩序が乱れるからです。


でも、銀杏系はかなり懐の深いサークルだから大丈夫。


結構わけわかんない人がたくさんいます。


余談ですが、コスモスというサークルに入ると、どんなに酒が弱い奴でも一瞬でビールを空けられるようになるメソッドがあるらしいです。


これを見て、飲みサー怖い...と思う人もいるかもしれません。


コスモス出身の人は基本的に面白いです。


これはマジで。


大学に入ったばかりの時は、なんとなく落ち着いてそうなサークルや、キラキラしてる雰囲気のサークルに行きがちです。


ですが、しばらくすると気づきます。


大体の人は、そういうサークルに対して適性がないのです。


それもそのはず。


テニサーに入りたがるような人はそもそも落ち着いたところよりも騒がしいようなところが好きで


東大に入るような人は大体キラキラしようとしてもできません。


ということで、ある意味で最も東大らしいテニサー。


それが銀杏系なのです!


僕は元々トマトに入っていたのですが、その後銀杏系のGFというサークルに入りました。


これは、マジで大学生活で一番の正解だったと思います。


だから、六大に入った人も、そうじゃない人も、もっと銀杏系のテニサーに足を運んでみるといいと思います。


自分に一番合ったサークルが見つかるでしょう。


ということで、例によって、自分の入っていたサークルについては自分の情報を


他のサークルについては入っている知り合いや友達からサークル柄を考えていこうと思います。






アール(インカレ先:東京女子大学など)

ここのサークルの人はあんまり知ってるひとがいないのですが、数少ないサンプルで考えると、落ち着いたひとが多いです。

落ち着いてるんだけど、コミュ力はそこそこある、みたいな。

なんかちょっとトマトに似てるかもしれません。

でも、セレクがない分選民意識みたいなのもないので、なんか普通に真面目、って感じのイメージの良いサークルです。

1発目からだいぶ情報がないですね。





アプリコット(インカレ先:清泉女子大学)


このサークルは、良いです。


端的に言って、語彙力が足りずに狂ってる人が多いです。


ここの人たちは、何かおかしくないとダメなんでしょうか。


僕が見た中で一番すごかったのは、エール芸の時に、マジで面白くないギャグを真顔のまま6連発するという芸です。



(注 エール芸っていうのは、サークル同士の対抗戦の後に両サークルの代表が芸をやるという大学特有の文化だよ!このほかにもポイント間のハイタッチとか、大学のテニサーにはいろんな文化があるから注意しよう!)


ずっと真顔でした。


大体の人のやりがちな失敗は、恥ずかしがってしまったり、少し笑いながらヘラヘラ芸をしてしまうことです。


真顔で、堂々と。


一つもウケていないギャグを6連発。


さすがに面白すぎました。


もうシュールすぎて、本当に笑うしかなくて僕はかなり爆笑しました。


そういう、良い感じにイカれたテニサーです。


あと、上男さんにわけわからんくらい強い人がいるのもこのサークルです。






アムレット(インカレ先:昭和女子大学、聖心女子大学など)



ここのサークルの人は、のんびりとした話し方の人が多い印象があります。


のんびりとした話し方をするのですが、なんか頭の回転が変な人が多いです。


僕が持ちかけたのか、相手から言ったのかは忘れましたが、


本気でYouTuberにならないか?と、アツく語り合った人がいたのは、このサークルです。


銀杏系の中ではテニスも結構するし、そこそこ面白いひともいるし、みたいなバランスの取れたサークルだと思います。





グループフレーツ(GF)(インカレ先:東京女子大学)


僕が所属していたサークルです。


ポジショントークしますね。


このテニサーはマジで神サーです。めちゃくちゃ自由です。


なぜなら、3年の夏に引退した後は基本的にサークルに行かなくなるからです。


つまり、現役のサークル民にとっては、時にやかましい存在になるOBというものがいません。


今、時に、と書きましたが、サークルにいるとダルいのは大体OBです。


それがいないということはつまり、やりやすさが凄まじいです。


でもまあ、引退の時は本当にそこから先全然来なくなるので、僕はかなり号泣しました。


後輩も結構泣いてくれます。


あと、普通に結構可愛い子が多いです。


多分各学年に一人ずつくらいビールの売り子が出ます。


これが可愛さの指標かと言われると微妙ですが、可愛い子はマジで結構います。


良いサークルだなぁ。


あと、最初期にはなぜか女子がめっちゃ入るので、男女比が1:3とかザラです。


まあ最終的には一対一くらいになるのですが。


ただ、このサークルにも欠点があります。


テニスをしようと思うと、練習時間的に全然参加できなかったりします。


これはマジです。秋とか冬とか月曜の1時から4時とかで練習です。


普通に参加できません。


しかしそれゆえ、行くとたくさん球が打てるというメリットもあります。


自由だし、女の子も可愛いし、自由。


マジで自由。


そんな、最高のサークルです。


でも、節度は守ってください。


このサークルは基本的に人に困ってないので、一年の初期に目に余る行為をした人は普通に出禁を食らいます。


何事も節度を持ってやろうね!






コスモス(インカレ先:東京女子大学)


コスモス。


それは長らく東大では飲みサーの象徴として恐れられてきているテニサー。


新入生は大学を歩けば飲みサーだという噂に出会い、他サーの先輩にはコスモスは飲みサーだから、と言われる不遇なサークル。


飲みサーというと、もしかしたら飲まされるというイメージがあるから怖がるのかもしれません。


でも、コスモスの人たちは飲まされるというより、普通に自分から飲みに行くイメージがあります。


ていうかアルハラが厳しい現代で、無理やり飲まされるとかほとんどないです。


飲みサーとはつまり、自分で飲んでしまう人たちの集団なのです。


ていうかビールを2秒で飲めるメソッドがあるっていうのを聞いて、そんな面白いサークルあんのかよ、と笑い転げました。


女子が普通に可愛い上に、テニスもかなり上手いです。


あと、僕の大好きな先輩で、昼間から自分の学部ではない学部でお酒を飲んでいる人がいました。


そういう、めちゃくちゃ面白いサークルです。


正直入ってみたかったかもしれない...






S.A.S(インカレ先:聖心女子大学、聖路加国際大学、大妻女子大学など


なんか急に名前がかっこいい感じがしますが、サス、と略されると急にちょっとダサい感じになります。


このサークルは、さわやかないい笑顔で笑う人が多いです。


いや、それどういうことやねん、と言われるかもしれないんですが、これ本当にそうです。


爽やかな奴ばっかりです。


嫌味っぽくないことご逆に嫌味っぽくすらある、そんなサークルです。


だからもしかしたら男子に対しての期待値は高いのかもしれません。


ですがみんな爽やかに笑っているのでそういうのを乗り越えてるんだと思います。


そうじゃなかったらふつうにごめん。






ベスター(インカレ先:日本女子大学、お茶の水女子大学


飲みサーと言われると、かなりの高確率で出てくるのがこのテニサー。


コスモスも同じく、謂れのない誹謗中傷を受けているのでは?ってサークルです。


これもまたサンプル数は少ないですが、そもそもベスターの人がめっちゃ飲んでいるイメージがないです。


ベスターの人の良いところは、とりあえず会話を盛り上げてくれようとするところだと思います。


時にはそれがうまくいくし、時にはうまくいかない。


ていうかまあ、人によってうまくいく人といかない人がいるって感じですかね。


でもまあ、多分根が真面目でいい人が多いんだと思います。


なんか急に諦めが出たような文になりましたが、まあそういう感じです。






アナザーウェイ(インカレ先:無数)


このサークルは、色んなテニサーの人がうごうご集まってできたサークルです。


アナザー。


その名前の通り、みんなのセカンドサークルのように使われます。


試合に出たいけど出られない人や、そもそもその試合への参加がなくなってしまったサークルの人たちが試合経験を積むためにこのテニサーに来ます。


だから、このテニサーは六大サークルの人も結構多いです。


ですが、無論メインには使いません。


みんなのセカンドサークル。


それがアナザーウェイなのです...






参考記事:東大のテニサーの話


参考記事:東大のテニサーの話 〜六大サークル編〜(セレクションのあるサークルの話ね)


参考記事:東大のテニサーの話〜完全版〜(六大サークル+銀杏系サークル)


ネタ・日常記事一覧


大学生活とか東大の話とか記事一覧


ウケの良かった記事


カテゴリ一覧



最近のブログ記事