シェアハウスをしたい。よく知らない人をすごい人数合わせて一緒に住んでみたい。

2018年01月28日

寒い。とにかく寒い。


フェデラーが全豪オープンに優勝し、グランドスラム20回目の優勝を飾りました。イかれた強さです。


それにしても寒い。


こんな時、一人暮らしだと気が滅入ってくる。


でも彼女いないしな・・・一緒に住む人がいない・・・


って人、結構多いんじゃないですか。


シェアハウス、しません?



こういう、古民家みたいなところでシェアハウスっていうのも、憧れますよね。


今の世の中、なんでもシェアされているわけですよ。


情報はSNSでシェアされ、家はシェアされ、車もシェアされる。挙げ句の果てには、「幸せ」もシェアされます。シェアハピってやつです。


このシェアリングエコノミーの世の中で、僕はなぜか一人暮らしをしています。


一回シェアハウスしようとしたんですけどね。うまくいきませんでした。お金の問題です。世の中の問題は大体お金が絡んでくるのです。めんどくさいですね。


書くことなくなったな・・・



そういえばこのブログ、楽しい生活を考えるみたいなコンセプトでしたね。


てことで理想のシェアハウスを考えていきます。





〜ぼくのかんがえるさいきょうのしぇあはうす〜
















1.ぼくいがいみんなびじょ




いうまでもないですね。どうせシェアハウスするならハーレム漫画の主人公になりたいですよ俺は。幼馴染の美女とか、近所のエロいお姉さんとか、妹みたいな幼馴染とか、そういうのが欲しいですね。









逆にこれはシェアハウスと言えるのでしょうか。









シェアハウスは、お金をあまり払いたくない若者がやるものというイメージがあったのですが。










ハーレム漫画の主人公は、もしや、この美女たちからお金をもらいながら生活しているというのでしょうか??









そんな横暴が、許されてもいいのでしょうか???











僕たちの多くは日々、美女に貢ぎ、遊ばれ、涙を流しています。それも、たった一人の美女に。













そんな中で、美女に囲まれて、貢がれる。









そんな生き方が許されていいのでしょうか???









話が逸れましたね。さいきょうのしぇあはうすを考えないと。











2.いえのまわりにむげんにたべものがある


やはり、食べ物は家の近くにあった方がいいです。美味しいのが。


つまり、ぼくのかんがえるさいきょうのしぇあはうすでは、家の周りをブランド牛やブランド豚がウロウロしており、やけに栄養価の高い野菜が生えているということです。


そんな家あるかな?と疑問に思うかもしれませんが、沖縄とかにはあるんじゃないですかね。


ちなみに、ぼくが食べた中で最強の牛肉は美崎牛という牛肉です。石垣牛のブランドなんですけど、赤身がアホほどうまいです。東京には基本出てこないっぽいので、沖縄行ったら是非食べてみてください。


家の周りに無限に食べ物がある。最高ですね。


自分で育てるのはだるいからやめときたいところです。















3.あくせすのいいとしんにある


そういう人、多いと思うんですけど、僕は基本的に都心から出たくないです。だから、都心に住んでいたい。便利だしね。







最初に出てきた古民家や、さっきでてきた、食べ物がそこら中にあるとは一体なんだったのか。


謎は深まるばかりです。






つまりまとめると




住人が全員美女で、家の周りに食べ物が溢れている都心の古民家にシェアハウスしたい




ということです。


ないかなあ、そんな古民家。


知っている不動産関係の方は、是非教えてください。


家賃がかからないとなおいいです。




まあ、シェアハウスは普通にしてみたいので、なんか興味ある人は送ってね!




おといあわせ