少女漫画から見る、モテる男の条件5つ

2018年03月11日

気づいたら家から出ないでこんな時間。どうも、働きたくない東大生のトノイケです。


僕、漫画が好きなんで少女漫画も結構読むんです。


その中で見つけた、モテる男、モテない男の共通項を暴いたのでご査証ください。


いや、少女漫画のチョイスが古いとかは許して。


ちなみにモテる、モテないは主人公に選ばれるかどうか、っていう基準です。


これを自然にできるようになればきっと彼女できるよ、多分!できなかったらごめん!それは他の部分に問題があんだよ。



モテる奴の共通項

  1. 既にモテてる(広く女子に好かれている)
  2. なんかこだわりが強い
  3. 割と自己中
  4. 割と放任
  5. ヤキモチ焼いて不機嫌になる



モテない奴の共通項

  1. 優しい
  2. 気を使いまくる
  3. 相手を最優先にする
  4. 笑ってごまかす
  5. 怒らない




ていう感じですね。


まあ、俺物語!!のたけおくんとか、例外はいるんですけど、あの漫画はそもそもそういう新しいコンセプトの漫画なので一旦置いておきましょう。


俺物語!!のたけおくん
俺物語!!のたけおくん



さっきの5つの表を見てどうですか。


まあ、1にあげたそもそもモテている、の部分は一旦置いておきましょう。


世の中には「優しい人がタイプ」「気を使えるような人がいいな」とかいう女の人が多いんですけど、


そういうことを真に受けてる人はモテないんですよね。


少女漫画の恋人役っていわば女子の理想みたいなもんなんですよ。


で、その恋人役って大体どっか自己中で放任主義なんですよね。


しかも変なこだわりを持ってます。例えば「普通に1人のが楽だから。」みたいな。


いやまあこれをこだわりって言わなかったらごめんなんだけど、自分の中で犯されたくない部分てことですね。


その自己中の中にちょっと優しさが入ってるくらいじゃないとダメなんですよ。


例えば『アオハライド』の洸くんと菊池くんとか、『オオカミ少女と黒王子』の佐田くんと日下部くんとか。


佐田くん。性格はあれだけどかっこいい。
佐田くん。性格はあれだけどかっこいい。



主人公に選ばれるタイプって結構主人公に対して冷たいんですよ。


「勝手にすれば?」みたいな。


その「勝手にすれば?」みたいなタイプなのに、自分に対して優しい時があるっていうその特別感こそがモテるんですね。


古くは『花より男子』の道明寺とかは顕著な例ですよね。自己中の極みだけど、主人公に対してだけは優しいところがある。


「相手の気持ちがわからなくて不安」というこの要素って多分大切なんですよね。


気持ちが全部筒抜けだったら「格下」に見られちゃうんですよ。


反対に、いわゆるかませ犬タイプの子って、めっちゃ主人公の女の子に気を使うんですけど、それのせいでむしろ主人公は居心地が悪くなったりしちゃうんです。


「俺に何でも言って!」とか「好きだから、頑張って振り向いてもらう!」みたいなこと言っちゃう。


まあまずこんなこと言っちゃう時点で格下に見られちゃうんですよね。


しかも「何でも言って!」はやばいですよ。


いや僕も言っちゃうことあるけど。


「何でも言って!」ってお前それ言ったら何でもやるんかい!というツッコミも生まれますし、「そもそもお前は何がしたいんだ?ただ私の言うことに従う犬か????」みたいになっちゃうんですよね。


大体したいことなんか自分でわかってる人全然いないんですよね。何がしたいかわからないから、魅力的なものをこっちが考えるんですよ。


「何でも言って!」はその手間を省こうとしているので、相手のことを思いやると見せかけて最も相手のことを考えてないです。


それにまあ、必要以上に優しい人とか、気を使ってくる人ってうざいんですよねむしろ。


少女漫画の主人公の女の子は大体優しい子なので、そういう優しさとか気遣いに触れると


「楽しませてくれようとしてるんだ・・・私が楽しんでなさそうだと落ち込んじゃうよね!」


的な思考回路で気を使おうとするんですよ。



まあそれも空回りするんですけど。


その結果お互いに空回りして気まずくなって死ぬ、みたいな。


そういうとこがあるんですよね。


でもこれって当然なんですよ。


例えば、5年ぶりに駅で偶然友達に会ったとしましょう。


こっちは「おう、久しぶり。」みたいな感じで行ったのに、相手に









「え!!!めっちゃ久しぶりじゃん!!!ヤバイヤバイどうしようまじですげえテンション上がる!!!マジで!最近どうしてんの?!めっちゃ会いたかったわー!!!!!!マジラッキー!!!!!!!この再会を神に感謝!!!!!!!」


とか言われたらどうですかね。



まあ嫌じゃないですか。


そのテンションのまま5分も話したら


「すげえ疲れた。なんでこいつ生きてんだろう。早く死んでくれないかな。」


と思うに違いありません。


そのくらい温度差って居心地が悪いんですよ。


日常生活ではこれがわかるのに、なぜか恋愛ではこれができないんですよね。なんでなんですかね???


まあ思い入れが強すぎるとしてしまうことはあります。わかります。僕も多々あります。


でもまあ、「相手に気を使ってがんばりまくる男子」は、なんとなく居心地が悪くなるんですよね。


なんとなくってマジで大切なんですよ。


だって生きてる時間のほとんどはなんとなくの時間ですからね。


そのなんとなくの時間で居心地が悪いような奴はもう最初っからアウトな訳です。


だったらもはやなんとなく居心地が良くて時々嫌な奴の方がマシなんですよ。


正直、話が合う合わない以上に大切なのがこのなんとなくの呼吸が合うか合わないかです。


とまあ、ここまででモテない方を叩き続ける感じになってしまったんですが。


じゃあ今度はモテる方について見ていこうと思います。


まあ正直モテる方についての一般化は難しいんですよね。


「こいつムカつく」「この人のこととか絶対好きになんないわ」みたいな癖の強い男の子も多いので。


ただまあ、少女漫画の主人公が選ぶような男って大体みんな主人公より「格上」なんですよね。


イケメンだったり、クラスの人気者だったり。さっき例に出した道明寺なんか財閥の御曹司でしかもイケメンですよ。


『好きって言いなよ』の大和くんとかに至ってはその辺の女の子にキスをせがまれてたりしますからね。


こんなやつ存在すんのかよ。


まあいるかいないかは置いといて、そのくらいカースト上位にいる人ってことです。


なんなら最初のうちは「近寄りがたい」くらいに思われてなきゃいけないんですよね、多分。


そういう人が主人公くらいの人に近寄ってきてくれる、だからドキドキするんですよね。


ていうことでこの記事を読んだ人は、男の人だったら多分モテたい人だと思うんでまずは相手との温度差がないように話してください。


まずは最初に「モテない」状態から脱却することが大事だと思います。


相手との会話で温度差を出さないこと、無理に会話を引き伸ばそうとしないことが大切です。自分も相手も疲れちゃうし。


そして次にカーストの上位に所属するようにしてください。


カースト下位にいるとまず相手にされません。だったら集団に所属しないくらいの方がマシです。


以前、サークルの中でのカーストについて書いた記事があるんでよければ参考にどうぞ。


参考記事:サークルという集団におけるヒエラルキーについて。


「なんとなく一緒にいて楽」+「格上」


もうこれだけでモテます。間違いないです。


だって僕結構少女漫画読んだけど大体そうだもん。






え、僕の話ですか?








いいじゃないですかそんなのはどうだって。






↓Twitterアカウント

https://twitter.com/dontwannawork



参考記事:サークルという集団におけるヒエラルキーについて。




恋愛・男女関係記事一覧



ウケの良かった記事



カテゴリ一覧





最近のブログ記事