【全国の労働者に届け!】どうしても寝れない時に体力を回復する方法 5選

2018年02月09日

好きな科目の試験だけ受けていたら必修科目が一つもありませんでした。どうも、働きたくない東大生です。


今回はハイパーライフハックコンテンツです。現代人は画面の見過ぎで寝れないこともあると思ったので、この記事を書きました。


これを読めば寝なくても何とかなるような無敵の人間になることができるでしょう。


きっと忙しい外資系企業の社員や日系大手などのエリート社員になっても、この方法を実践すれば


同期との出世争い・接待・過労死・美女との札束風呂、そのどれもを手中に納めることができるでしょう。




僕は寝たいので寝ますけどね。


やや脳筋な内容となってしまいましたが、大丈夫です。





「何が」かはわからないんですが、自信を持つことがこの世で一番大切らしいからとにかく大丈夫なんです。




1.ニンニクを死ぬほど食べる



これは即効性がありますね。アホほどニンニクを食います。


最近ではコンビニでもニンニクの漬物が安く売ってます。


生のニンニクをそのまま食うと臭いがやばいかもしれませんが、それは仕方ありません。


そもそも寝れていないということ、それ自体が相当やばいのだということを自覚してください。


一気に1パックとか食べると本当に寝るどころじゃなくなります。


心臓の鼓動は早まり、目はギンギンに冴えます。


本当に体力は回復しているのか?むしろこれ逆に体力使ってないか?と思ったそこのあなた。


実は










あなたは正常な判断能力を持っているので大丈夫です。





まだ睡眠不足ではありません。


むしろそれに気づかなかった人、それは本当に睡眠不足なのでちゃんと寝てください。





そういう人向けの記事ですが、結局どう考えても寝たほうが回復しますからね。



2.逆に筋トレをする



完全に逆です。


最初は辛いかもしれないし、「むしろ体力を使っているのでは?」と思うこともあるでしょう。


しかし、それはそうです。筋トレしてるんだから。


しかし、この方法の真の価値はそこにはありません。


この方法を継続することによって体力がつき、


ゴリマッチョとなったあなたはモテモテ・なぜか大金が舞い込み、美女と札束風呂に入ること間違いなし。


しかも、体力があるので寝なくても大丈夫です。





唯一の難点は、筋肉は寝ないとあまり育たないということです。


つまり、この方法を取るのには睡眠が必要不可欠という摩訶不思議な現象になってしまいますが世の中には色々な矛盾があります。


いつかはそう言った矛盾に明確な答えを出せる人間になりたいです。


まあ今は矛盾を生んでるという説もありますがそれはまあ、うん。







ごめん。



3.鏡に向かって「君は疲れてない」と言い続ける


なんか普通にそういう洗脳方法があるらしいです。


こういう格言があります






病は気から






洗脳は自分から






ということでまずは「自分は疲れていない」ということを自分に叩き込みましょう。


これを叩き込んでいければ、いつかは一生疲れない最強の「マシーン」のような人間になれます。


冷酷なマシーンになればあなたは超合理的な判断ができるようになり、休んでいる人間にもこのメソッドを叩き込むことにより、最強の戦士集団を作ることができるでしょう。


最初は多少生産性が下がっても大丈夫です。


その後も自分を洗脳し続けることによって、いつかは効率が落ちないまま永遠に働くことができる最強のマシーンになることができます。


そうすれば、企業はそういった人間を求めているのでどこの企業からも引っ張りだこです。


負ける気がしません。


無敵とはこのことです。


もしかしたら死ぬかもしれない危険な方法ですが、賭けてみる価値はあるかもしれません。







僕は一応やめときます。



4.寝たことにする



最強のライフハックです。


世の中にある「やったつもり貯金」


これのアレンジバージョンといったところでしょうか。


「やったつもり貯金」とは、「自分がしたいこと」を「やったつもり」に「なる」ことによって浮いたお金を貯金することができるという


まさに資本主義が初めて世界に姿を現した時以来の、革命的な発想です。


常人には到底思いつくことができません。


このメソッドをマスターすると


「ご飯を食べたつもり貯金」「風呂に入ったつもり貯金」「家があるつもり貯金」など、あらゆるライフコストを削減した、最強の貯金ができます。


そしてこれを一歩進めたものが、今回紹介する







「寝たつもり覚醒」です。







寝てないけど、寝たことにする。


こうすることによって、人間は三大欲求のうち、最も時間を奪っていく「睡眠欲」を捨て去ることができます。


これを実践するには、まずは「やったつもり貯金」から始めましょう。


できそうなところから一歩ずつステップを積んでいくことが大切なのです。








いや、僕はやったつもり貯金するくらいなら最終的にお金がない方がいいので大丈夫です。



5.何もしない


何もしない。


これ以上の解はおそらくありませんね。


何もしない。疲れるから。


疲れなければ、何もする必要はありません。


お腹が空いてもご飯を食べるとあごが疲れるので念のためやめておきましょう。


そんなものは点滴で十分です。


トイレなんてもってのほか!せっかく食べたものを無駄にしないでください。


人と関わりたくなってもやめておきましょう。人間関係のトラブルはめちゃくちゃ疲れます。


アドラーも言ってました。


「この世の問題は大体人間関係」


と。


だから、人と関わるのをやめておきましょう。


考えることも脳の栄養を使うからダメです。


脳は最も栄養を使う器官と言われています。


こうすれば、あなたには全く寝る必要がありません。




そうしてあなたは即身仏。


New Buddha Yeah.






以上、いかがでしたでしょうか?寝れない時に体力を回復する方法5選。


ここまで読んでくれたあなたに伝えたいことがあります。


寝てください。


ていうかここまで読んでたらさすがにネタ記事だとわかってくれたと思います。


でも、実は最も深刻な問題は、期待してこの記事を開いて


「役に立たない!」


と怒って読むのをやめてしまった人です。


そもそも寝れないという状態が相当やばいので、何としてでも寝てください。


「寝れないくらい忙しいんだよ!」


って人は


まずその生き方に違和感を持つことから始めた方がいいと思います。




~Fin~