田舎って良さげだなあ、って。住んだことあんまりないですけどね。

2018年01月15日

私は多分その辺にいる「働きたくない」って言ってる人の10倍は働きたくない、さらに言えば、あなたの想像の100倍くらい私は働きたくない・・・

はいどうもこんにちは。働きたくない東大生です。まあ、匿名ぶってる割にツイッターも晒してるしそこに本名も出てるから意味ない感じするんですが、自分的にギリギリになるまではこれで行こうと思います。

さて、今日は映画を観てきました。『8年越しの花嫁』っていう映画です。「期間」+「花嫁」の組み合わせって、どうしても『余命1ヶ月の花嫁』を思い出しちゃうんですよね。

だから最初『余命8年の花嫁』に空目しちゃって、結構長いこと闘病してんな、とか思いました。いや、闘病はするんですけどね。これ以上はネタバレっぽくなっちゃうんでちょっとやめときます。ちなみになかなか泣けます。佐藤健がイケメンで、土屋太鳳が可愛いです。いつもそうですね。

さて、この映画、舞台が中国地方と、小豆島なんですね。メインは岡山です。そこの風景とか結構映るんですけど、綺麗なんですよね。海とか、緑とか。住宅地も閑静な感じがして。

僕は生まれてから5歳まで茨城に住んでいたんですが、幼かったので、その時の記憶はほとんどありません。記憶があるのは、東京に来てからです。記憶にある限り、ずっと東京に住んでいるんですが、そこで感じた東京のメリット・デメリットを上げていきたいと思います。

メリット

  1. 繁華街が夜遅くまでやっていて楽しい。遊ぶところが多い。
  2. 交通網がかなり整っているので、自動車が必要ない。
  3. 美味しい食べ物がたくさんある。つまりはお店が多く、多種多様である。
  4. 人が集まっているので、いろんな人に会える。

対して、デメリットは、こんな感じです。

  1. うるさい。
  2. 物価が高い。
  3. 家賃も高いし、部屋が狭い。(賃貸のサイトを見て、地方の安さに驚愕しました。)
  4. 緑が少ない。

僕は結構うるさいのも好きなんで、東京好きなんですけど、東京はとにかくお金がかかるし狭いなあ、って感じましたね。見晴らしのいい丘とかも全然ないし。今のところ、東京が好きなんですけど、これから先、結婚とかしたら地方に移住も視野に入って来ました。とまあ、そんな感じのことを感じましたね。現場からは以上です。