「就活カバン」はマジでいらない。完全に不要。ていうかカバンくらい好きなもん使いましょうよ。自己PRエピソード盛るのもマジで不要。

2018年03月08日

よーし、記事も溜まったしそろそろ更新頻度落とすか、と思って昨日休んだらなんか父に怒られました。ブラック企業かよ。どうも、働きたくない東大生のトノイケです。


いやあ、本当に就活も本格化してきましたね。


街中がスーツ、スーツ、スーツ。大学もスーツ、スーツ、スーツ。向かいのホーム、路地裏の窓、明け方の街、桜木町もスーツ、スーツ、スーツ。


そしてみんな同じカバン。黒で無地のカバン。就活カバン。


普段はクラッチバッグ持ってるアイツも、kate spade持ってるあの子も、手ぶらのあいつも就活カバン。


お前、ストリート系のファッションが好きって言ってたやんけ!みたいなあいつもスーツに就活カバン。


世にはびこる、スーツ+就活カバン。


就活生見るとなんか涙が出てくるようになってしまいました。


先輩に見てもらって作るES、この時期になるといきなり増えるサークルや実行委員の代表や幹部・・・


なぜかめちゃくちゃ頑張ったことになっているバイト・・・バイトリーダーになっているアイツ・・・


作られるエピソードたち、盛られる体験談。


知っている先輩の中で一番すごかったのは、そもそもその街でやっていないやっていない街おこしをしたことにした人・・・


いやもうそんな状態で企業は一体なにを見れるんでしょうか。


もうESとか書かせんじゃねえよ、と思うわけですよ。


書いてないけど。


最近ではESを書くというビジネスまである始末。


さすがにこれ就活間違ってね???


画一的な格好をさせ、画一的であることを求めながら、同時に個性的である、特別な内容を話すことを求められる。


そんなちぐはぐな状態です。


以前、そういう内容でも記事を書きました。


参考記事:企業、リーダー人材求めすぎやろ!!





そんな、ちぐはぐな状態に対して一つの、ささやかな抵抗をしました。


僕は実はチキンなので、いきなり大きな行動は起こせません。


過激派に見える僕ですが、好きなことは草の根運動です。小さなとこからコツコツと。





なのでまずはカバンを持たずに就活へ行くことにしました。



ようは手ぶらです。


私服はひよったので、スーツで行ったのですが、かえってスーツなのに手ぶらという、めちゃくちゃ浮く格好で行くことになって悲しかったです。


まあ、スーツは相手に対する礼儀ってことで...(震え)


しかしあのクソ邪魔でしかも手持ちしかできないクソだせえ就活カバンを持たないこと。


これだけでもう気分が全然違います。


なにしろ両手は自由なのでハッピーです。


ポケットには持ってくるように言われた証明写真と、ボールペン。それに行きがけに買った、証明写真を切り取る用のハサミです。


あとはまあ財布やら定期入れやらスマホやら。


これだけの荷物なので、本当にスーツのポケットに全て収まります。


ちなみにその日は雨が降っていたのですが、もはや傘も持っていませんでした。


びしょ濡れです。


びしょ濡れで手ぶらの男が面接に向かう。


もはやなにかのドラマ性を感じますね。


もう家を出る時点でワクワクしていました。


そして行きの電車に乗る前に、コンビニでサンドイッチとお茶をゲット。


結果的に僕はお茶だけを手に持って面接に向かいました。


なかなかシュールな絵面です。


というか、私服であってもむき出しのお茶を持って歩いてるとそれなりにシュールですからね。


そしてそのまま就活の場につきます。


僕の周りの人は当たり前ですが、みんなカバンを持っています。


そんなにみんな何を持って来ているんでしょうか。


待合室ではみんなスマホをいじってます。


いやほんとにそのカバンの中身なに????


持ち物写真と筆記用具だけやん。


普段外出するときは荷物の量に合わせてカバンの大きさを変えたりもするはずです。


しかし、就活の場では、入れるものがなくともみんな大きなカバンを持ってきます。


もう、本当に何なんですかね、これは。


女の子とか普段Kate spadeとかじゃないですか。


なんで就活だとみんな真っ黒なよくわかんないカバン使ってるんですか???ほんとにそのブランド好き????


とか思いつつ待合室にいること30分、面接の順番が回ってきました。


「荷物を全て持って来てください」


僕はお茶のペットボトルだけを持って、部屋を出ます。


ペットボトルだけを持って行くことはかえって手ぶらより目立つんじゃね?とも思ったんですが、結果としてはこれが良い方向に転びました。


面接会場に入ると面接官の方から一言


「荷物はそこのテーブルに置いてください。」


危ないところでした。


もし本当に手ぶらで行ったら、この時点で手持ち無沙汰確定です。


これは3人のグループ面接だったのですが、僕の席順は真ん中でした。


なので、荷物置き場には必然的に、カバン、お茶、カバンという、事情を知らない人が見たら


「どっちの人のお茶かな??」となるような光景を作ることになりました。


そして、面接自体は普通のグループ面接といった感じでした。


いやまあ、グループ面接初めてだったんですけどね。


案の定、「学生生活で成長したと思ったことはなんですか?」と問われました。


学生生活を通して、成長したと思ったこと。


そもそも僕は成長とか今までの人生で大して実感できたことがないんですよね。


ましてや、学生生活の間に実感するほど成長したすごいやつなんてそんなにたくさんいるんでしょうか。


成長の実感て、ふとした瞬間に気付くもので、この瞬間に成長した!なんて明確に言える自信は僕にはありませんでした。


特に自己分析とかもしたこともなく、学生時代にサークルをめっちゃ頑張ったわけでもない。バイトもほとんどしてこなかった。


僕のバイトについての記事もあります。用意がいいですね。


参考記事:なぜ僕がこんなに働きたくないのかこれまでの2つのバイト経験から考えてみた。



僕の隣の人はなんかバイトとか頑張ってたらしいし、なんならバイトで事業を任されたりしてたらしい。


いや、立派か。立派すぎるわそんなん。


僕がめっちゃ頑張ったことってなんだっけな。


ていうか頑張ったこととか本当に特にねえな。


じゃあまあ特別な体験でも語っとくか。


そういえば僕、海外とかほとんど行ったことねえし、そもそも行こうと思ったことねえな。


と、頭を悩ませた結果出た、僕の力を入れたことのエピソードは












ナンパでした。



いや、結局ね。


巷に溢れるナンパ師に比べて、かなりしょぼい活動内容でしたが、それでも僕にとっては結構な勇気が必要な行動でした。


僕、二年生の時に3ヶ月間だけ本気でナンパやってたんですよ。今はもうやってないですけど。


まあ、言い方はマイルドにしました。


「興味の湧いた人には、とりあえず話しかけるようにしていました。」


大丈夫、嘘は言ってないよ、嘘は。


てことでそれでどう成長できたのか、とか色々聞かれたんで頑張って答えました。


でまあ、なんのかんので面接が終わりました。


お茶一本を持って颯爽と面接会場を出る僕。


そこで一緒になった2人の人と談笑しながら帰りました。


「手ぶらかよ!」と突っ込まれましたが、その日に渡されたものは0。


結果的に、カバンなんかいらなかったのです。


でまあ、色んな話をしながらみんなで家路につきました。


で、結果。

一次面接だったんですけど、通ったんですね、これが。


ここからわかることは一つ。


就活でいちいちカバンを買うのはアホらしいってことです。


20超えたらカバンなんかいくらでも持ってるんですよね。


そんなのに、わざわざ新しく使いもしねえダサいカバンを買う必要なんかマジで0なんですよ。


就活カバン、ダサいし他に使い道ねえじゃん。


いや、カッコいいと思ってたらごめんなさい。ていうかカッコいいと思って使ってたら、それはカッコいいです。


ようは、みんなが使うっていう理由で就活カバン使ってんのはダセエってことです。


いやまあスーツ着て行った僕が言うセリフでも無いんですけども。


ダセェし肩にかけたりもできず、手で持つだけの就活カバン。


いやもう捨てちまえよそんなの。


みんな買ってるから買ってるって冷静にヤバいよ???


気に入ったわけじゃない就活カバンに一万円て。


てことで、まともな企業だったらカバンとか一々気にしてないです。


てことで、ダセエとか思いつついやいや就活カバンを使ってた人!そんなもんもう使わなくて良いですよ!


自分がカッコいいと思うカバン使っていきましょうよ!就活だって関係ないよ!


まあ、自分の好きなカバン使って落ちたらそれは自分がその会社に向いてなかったか、企業が就活カバンを使ってなかったことで落としたのか、どっちかわかりません。


でも、就活カバンを使ってないとかいう理由で落としてくる企業とか、正直こっちから願い下げじゃないですか?


手ぶらで大丈夫だったんだから、多分大体なんでも大丈夫だと思いますよ。まともな会社は。


あと、自己アピールも特に作り込む必要ないですよ。ナンパでどうにかなったんだから。


ていうかスーツ着て就活しつつ鋲がめっちゃついてるカバンとか使ってたらめっちゃカッコいいっすよ。


スーツに鋲。ロックじゃないですか。


就活もやりたくてやってる、みたいな感じするんで。


まずは小さなことから変わっていって、最終的には新卒一括採用とか、就活スーツとかそういうわけのわからん慣習もなくなるといいな、と思いました。


だからまずはカバンは好きなやつ使おうぜ!!いつもみたいにさ!!








↓Twitterアカウント

https://twitter.com/dontwannawork


参考記事:なぜ僕がこんなに働きたくないのかこれまでの2つのバイト経験から考えてみた。

参考記事:企業、リーダー人材求めすぎやろ!!

参考記事:働きたくなさすぎてカフェで隣にいた社会人4人に「社会に出る意味ってなんですか?」って聞いた話。


お金と労働記事一覧


カテゴリ一覧


ウケの良かった記事




最近のブログ記事