一流のニートになるために・・・

2018年01月14日

"いわれたことしかできない人間を三流。いわれたことを上手にできる人間で、ようやく二流。森田はいつになったら一流になるんだ?


これは僕の大好きなゲーム、『車輪の国、向日葵の少女』で偉い人が主人公にいう言葉です。


要は、人に言われたことなんかいくらやってても一流じゃないよ、という非常にありがたいお言葉です。


僕はまあ本当に働きたくないので、働かないでも生計を立てていきたいので、一流のニートになるしかないのです。

さて、一流のニートとはなんでしょう。


それはきっと、自分でやるべきことを見つけて発信していくニートでしょう。


さすがにダラダラなんの価値もない日記を書いていてもダメなことくらいはわかります。


ということは、誰かにとって価値のある日記を書いていけばいいのです!


ん?それもうニートっていうか、普通に自活してる人では?まあ、いいか。


てことで、忙しい人が興味ありそうなこととかについて書いていこうと思います。


そしたらやっぱり時事ネタがメインになっていくのかな。


てことで時事ネタについて、ちょっと掘り下げたり、まとめたり、ダラダラ書いていこうかな。


とか言いつつここまでの3回が全部ただの考えの垂れ流しというなんの役にも立たない内容だということに気づき戦慄しています。


次回こそはなんかためになること書きたいな。




お金と労働の記事一覧