労働を減らしてくれる発明10選

2018年01月25日

働きたくないという熱い気持ちを親にぶちまけたら絶望されました。どうも、働きたくない東大生です。


世の中には、いい企業と悪い企業があります。


前者はとにかく人の労働をなくしてくれる企業で、後者は労働を増やす企業です。


これはもう絶対にそうです。ちなみに労働っていうのは、「つまんない仕事」のことです。


例えば「書類をまとめる」みたいな仕事とか、「レジ打ち」とかの仕事は労働です。


いや、あなたが書類まとめたりレジ打ちしたりするのが好きならそれはそれでいいんですけどね。


そんな仕事なら正直ない方がマシじゃないですか。


AI技術の発展で、2045年くらいにはシンギュラリティ(AIが人間の知能を超えること)が起きると言われています。そうなると、仕事もどんどん減っていきそうで最高ですね!


てことで今回はそんな労働をガンガン削っていってくれる発明で具体的な形と計画が発表されているものを10個厳選しました!もう実践されているものもあります!(2018年1月)


1.手書き書類の代行!字が綺麗すぎてむしろ怪しいかも?


普段の生活でペンを持たなくなった現在、いざペンを持ってみるとうまく字が書けない。そんなこと、多いですよね。


僕もこの間「蓄財」という漢字が普通に書けなくなってました。


まあ、現代社会だと字を書く必要性とかほとんどないんじゃない?と思いますよね。


まあ、確かにほとんどないです。でも、書かなければならないこともあります。


というか、就活でも未だに手書きの履歴書提出させる会社とかも割とあるらしいですし、お礼状とかも手書きで書かないといけないらしいですね。


そんな手書きに悩める人に紹介したいのがこれです。

もう見ただけでわかりますね。


代筆マシーン

「AxiDraw V3 XLX」

です。


このマシーンの最高なところは、まず、開発している会社の名前が最高にクールなところです。


Evil Mad Scientist


悪いし狂ってるしすごい名前です。日本でいうなら凶悪連続殺人犯くらいのインパクトですね。


さて、そんなワルっぽい名前をしている会社ですが、作っているものは最高です。


文字を書くだけじゃないんですね。こんな高度なこともできます。


これで履歴書やお礼状を書いたら、ものすごい字の上手いできるやつだと思われること間違いなしです。


まあ僕ならここまでうまかったらさすがに代筆を疑いますけど、そんなことは気にしてはなりません。


この商品、値段は


AxiDraw V3(旧バージョン)が475ドル

AxiDraw V3 XLX(最新版)が600ドル


という、安くないけど別に変えてしまうという、なんとも絶妙な価格設定です。


正直、ネタのために買うのも僕はありなんじゃないかな、と思っています。